MASUDAQ Blog

NO DEVELOPMENT NO LIFE.

仮想マシンの Windows Update で、0x80072EE2 が発生 解決編

前回の記事では、Hyper-V 仮想マシン (Windows Server 2008 R2) で、Windows Update を実行すると 0x80072EE2 エラーが発生してしまう障害を紹介した。 さらには、いくつかの試行の末、仮想マシンにマップした NIC の相性、Windows Server 2008 R2 との相性の問題と推測した。 今回は、これらの絞り込みの結果から、さらに調査を行い、0x80072EE2 エラーを解決できたので、これを紹介する。 調査の結果、以下の記事にたどりついた。 Windows Update Error 80072EE2 - Hyper-V Guest issues.... 原因は、物理 NIC のオフロードオプション設定によるものとのこと。 当評価環境では、以下の NIC を増設し、同 NIC を仮想マシンにマ... 続きを読む

Hyper-V 仮想マシンで、dovecot が突然停止する

Hyper-V と NTP(Linux ntpd) 時刻同期の問題で最も問題の波及が大きいものの一つとして dovecot がある。 dovecot は、時刻が不安定になると、デーモンが突然停止してしまう。 この際、ログに以下のようなメッセージが出力される。 Oct 9 11:58:50 mailsrv002 dovecot: Time just moved backwards by 8 seconds. This might cause a lot of problems, so I'll just kill myself now. http://wiki.dovecot.org/TimeMovedBackwards ログに出力される http://wiki.dovecot.org/TimeMovedBackwards を参照すると、仮想マシン関係の問題の可能... 続きを読む

Hyper-V 仮想マシンのエクスポート

Hyper-V 仮想マシンを他のHyper-V 仮想マシンホストに移行する方法を紹介する。 事前にエクスポートしたい仮想マシンをシャットダウンしておく。 エクスポートでは、スナップショットもエクスポートされるので、必要のないスナップショットは削除しておく。 大量にスナップショットがある場合、エクスポートに時間を要する。 また、エクスポートを行ってももとのファイルは削除されないので、バックアップを取っておく必要はない。 [Hyper-V マネージャー] より、エクスポートする仮想マシンを選択し、右クリックメニュー [エクスポート] を選択する。 [仮想マシンのエクスポート] で、エクスポート先のフォルダを指定する。 [エクスポート] をクリックする。 指定したフォルダ以下に、仮想マシン名のフォルダが生成され、同フォルダ以下に必要なファイ... 続きを読む

ゲスト OS の Windows Update で、0x80072EE2 が発生

Hyper-V 仮想マシンにおいて、前回に続いて、またもや "0x80072EE2" エラーが発生してしまった。 前回は、ライセンス認証で発生したが、今回は、Windows Update で同エラーが再現した。 もちろん、この状態でもインターネットへの接続は問題なく行える。 色々と試行を行ったところ、同評価環境では、仮想マシンにマップしている 物理 NIC に依存していることがわかった。仮想マシンネットワークアダプターの設定を異なる NIC を使用している仮想ネットワークに変更すると、正常に Windows Update が動作した。 Hyper-V の仮想ネットワークに使用する NIC には、相性があるのだろうか。 ただ、"0x80072EE2" エラーが発生した NIC を別の... 続きを読む

stat=Deferred Connection refused by [127.0.0.1]

"/var/log/maillog" を何気なく確認したところ、以下のようなログが出力されていることに気付いた。 Nov 3 09:36:11 mailsrv002 sm-msp-queue[22521]: oA8Ga32M096157: to=postmaster, delay=19:59:5 9, xdelay=00:00:00, mailer=relay, pri=1837120, relay=[127.0.0.1], dsn=4.0.0, stat=Deferred : Connection refused by [127.0.0.1] 127.0.0.1 への接続が拒否されたため、処理を延期したとのこと。 もちろん、127.0.0.1 へのアクセスは、sendmail.mc でリッスンしないように設定している。 (127.0.0.1 は、コメントアウトしている。) ... 続きを読む

PC 地デジチューナーで 5.1ch サウンドを堪能する

PC 地デジでは、長らく 5.1ch サウンドに対応した地デジチューナーが販売されずにいた。 しかし、HP ProLiant ML115 G5 超静音、地デジ 残暑編で紹介した地デジチューナーでは、5.1ch が正式にサポートされた。 今回は、同構成で PC における 5.1ch サウンドの出力方法の一例について紹介する。 今回の評価環境で利用した製品は以下の通り。 PIXELA 地上/BS/110°CSデジタル 3波放送対応 フルハイビジョン キャプチャーボード PIX-DT230-PE0 Creative サウンドカード PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium Professional Audio SB-XFT-PA ... 続きを読む

HTML で円マークがバックスラッシュと表示されてしまう

HTML で半角円マーク (¥) を記述した際に、環境によっては、バックスラッシュ (/) と表示されてしまう場合がある。 (e.g.) ¥125,000. ->  /125,000. これは、HTML のエンコードに "Shift-JIS" を指定していることが原因である場合が多い。 Unicode では、円マーク (¥) とバックスラッシュ (/) は、別の文字コードで定義されているためこのような問題は発生しない。 (*) サーバーサイドスクリプト等のソースが Unicode で、出力が Shift-JIS の場合は、この限りではない。 "Shift-JIS" の場合、円マーク (¥) とバックスラッシュ (/) の文字コードは同一で、指定されたフォントに依存して、円マーク (¥) とバックスラッシュ (/) のどち... 続きを読む

HP ML115 G5 RAID HDD 復旧 Windows 7 編

以前に HP ML 115 G5 のオンボード RAID HDD のミラーが劣化した (Degraded ) ため、復旧方法を紹介した。 Windows 7 の地デジ化で紹介した評価環境で、DVD を 5.1ch で閲覧しながら、地デジも 5.1ch で視聴、録画も 2 のチューナーで超高画質モードで W 録画を繰り返し、負荷テストを行っていたところ、またもや、地デジコンテンツ用保存用ドライブのミラーが劣化してしまった。 これは、ディスクを酷使したことが直接の原因とは言えないが、評価中には、地デジの再生にラグが発生する場合があり、ディスク IO 高負荷時に障害が発生したと考えられる。 また、HDD 単体の品質、ML115 オンボード RAID の品質も影響していると考えられる。 HDD が民生用のものなので、その点が少々気がかりではある。 ... 続きを読む