MASUDAQ Blog

NO DEVELOPMENT NO LIFE.

Windows Server 2008 R2 の IE 8 で、Windows Live サインイン

前回の Windows Live  サインイン版の紹介。

"Windwos Live" のログオンを Windows Server 2008 R2 の IE 8 デフォルト設定で実行すると、以下のようなメッセージが表示される。

サインインするには JavaScript が必要です
Windows Live ID では、サインインするために JavaScript が必要です。このブラウザーでは JavaScript をサポートしていないか、現在スクリプトの使用が禁止されています。

お使いのブラウザーが JavaScript をサポートしているかどうかや、スクリプトの使用を許可する方法については、ブラウザーのヘルプを参照してください。

ここで、"http://login.live.com" を信頼済みサイトに登録する。ブラウザを閉じ、再度 Windows Live ID でのログオンを実行するが、エラーメッセージがでないものの、やはり、動作しない。スクリプトエラーが発生している。

さらに、"http://*.wlxrs.com/" を信頼済みサイトに登録する。ブラウザを閉じ、再度 Windows Live ID でのログオンを実行すると、正しくログオンフォームが表示される。[Windows Live ID]、[パスワード] を入力し、[サインイン] する。

すると、"https://login.live.com" にリダイレクトされて以下のメッセージが表示される。

"サインインするには JavaScript が必要です"

"https://login.live.com" を信頼済みサイトに登録する。ブラウザを閉じ、再度 Windows Live ID でのログオンを実行すると、サインインに成功する。

Windows Server 2008 R2 の IE 8 をデフォルト設定から、"Windows Live ID" を利用するには、以下のサイトを信頼済みか、それ相応のゾーンに追加することにより実行することができる。

  1. "http://login.live.com"
  2. "http://*.wlxrs.com/"
  3. "https://login.live.com"

 

 (*) Windows Server 2008 R2 IE 8 Windows Live サインイン 補足" もあわせて参照のこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加