MASUDAQ Blog

NO DEVELOPMENT NO LIFE.

Windows 2008 で、MD5 SHA ファイルチェックサムを求める

ダウンロードしたファイルとダウンロード元のファイルの整合性を調べるために MD5 や SHA のチェックサムがダウンロード元から提供されていることがある。

ダウンロード元のディレクトリに、拡張子 "*.checksum" で、提供されていることが多い。

Linux では、ほぼ標準で、"md5sum", "sha1sum" コマンドが利用でき、ファイルからチェックサムを計算することが容易だ。

Windows の標準のツールでは、チェックサムの計算がサポートされていないが、Microsoft 社より提供されている以下のツールを (fciv.exe) をダウンロードすることができる。

Download the File Checksum Integrity Verifier utility package now.

ダウンロードしたファイル "windows-kb841290-x86-enu" をダブルクリックし、任意の場所にコピーする。使用頻度が高い場合は、fciv.exe のパスを PATH 環境変数に追加しておくと良いだろう。

md5 で、チェックサムを求める場合は、ファイル名のみのを指定すればよい

>fciv.exe c:\downloadFiles\freeNas\FreeNAS-amd64-LiveCD-0.7.2.5543.iso
// // File Checksum Integrity Verifier version 2.05. //
da0bba155eafecd019f75936f1582f5b c:\downloadFiles\freeNas\FreeNAS-amd64-LiveCD-0.7.2.5543.iso

sha-1 で、チェックサムを求める場合は、"-sha1" オプションを付ける。

>fciv.exe c:\downloadFiles\freeNas\FreeNAS-amd64-LiveCD-0.7.2.5543.iso -sha1
// // File Checksum Integrity Verifier version 2.05. //
634094aee24f7418ae7a6dca113967091d2403f1 c:\downloadFiles\freeNas\FreeNAS-amd64-LiveCD-0.7.2.5543.iso

このツールでは、sha-1 (160bit) のみがサポートされており、それ以上のビット長の sha アルゴリズムは、サポートされていないことに注意する。SHA-224、SHA-256、 SHA-384、SHA-512 は、サポートされていない。

詳細は、以下のページを参照。

Availability and description of the File Checksum Integrity Verifier utility

このエントリーをはてなブックマークに追加