MASUDAQ Blog

NO DEVELOPMENT NO LIFE.

Windows のライセンス認証で、エラーコード 0x80072EE2 が発生

Hyper-V で、Windows Server 2008 R2 の評価を行っており、ある特定の環境で、ランセンス認証を行う際にエラーが発生した。

この評価環境は、Windows Server 2008 R2 をインストールしてから、ライセンス認証を行わず、放置してしまっていた

久方ぶりにこの環境を動作させたところ、壁紙に "この Windows のコピーは正規品ではありません" とのメッセージが表示されるようになった。

そこで、ライセンス認証を行ったが、エラー "0x80072EE2" が発生しライセンス認証を行うことができなかった。
Windows のライセンス認証 コード 0x80072EE2、説明 処理がタイムアウトになりました

さらには、この状態で、Windows Update を行った際には、"ソフトウェアが偽造品である可能性があります。"とのセンセーショナルなメッセージが表示された。
停止中 オプションの更新プログラムの配信 ソフトウェアが偽造品である可能性があります。

情報を検索したところ、他でも類似的な現象が発生していることわかった。

上記のサイトからでは、解決方法はわからなかったが、解決のヒントにはなった。

"ライセンス認証の手続きを行う他の方法を表示します" -> "自動電話システムを使用します" を選択し、指定の電話番号に電話し、電話の指示にしたがい、インストール ID をダイヤルから入力し、確認 ID をヒアリングした。

そして、確認 ID を入力したところ、ライセンス認証をおこなうことができた。

他の事例では、"自動電話システムを使用します" では、解決ができなかったとあり、この解決方法には懐疑的であったが、無事、ライセンス認証ができ、ライセンス認証後に Windows Update をおこなってもエラーが発生することがなくなった。

OS のインストール後、インターネット アクセスが確立しだい、ライセンス認証を行うことが無難だろう。

だた、当評価環境では、今回の例のみで、同問題が発生しため、問題の原因は不明のままだ。

他の環境では、同問題は再現しない。

このエントリーをはてなブックマークに追加