MASUDAQ Blog

NO DEVELOPMENT NO LIFE.

WTP(The Eclipse Web Tools Platform) による Tomcat 開発環境の構築

WTP(The Eclipse Web Tools Platform) による Apache Tomcat 開発環境の構築

[File] -> [New] -> [Project...] で、[New Project] ダイアログを起動し、 [Web] -> [Dynamic Web Project] -> [Next] ボタンをクリックする。

[New Dynamic Web Project] ダイアログの [project name] に任意のプロジェクト名を、[Target runtime] から、[New...] を選択し、[Apache Tomcat v6.0] を選択して [Next] ボタンをクリック、[New Server Runtime Environment] ダイアログで、[Tomcat install directory] に Tomcat のインストールパスを入力、[JRE] には、利用する JRE を指定する。

この時、JRE は、JDK の JRE を利用するようにする。[Finish] で設定を確定させる。[New Dynamic Web Project] ダイアログに戻るので、[Configuration] に [New Server Runtime Environment] ダイアログで設定したものが選択されていることを確認する。

その他は、デフォルト値として、[Next] ボタンをクリックする。ソースフォルダの設定画面となる。ここもデフォルトでよいので、[Next] ボタンをクリック。最後に Web モジュールの設定画面となり、デフォルト値で問題ないので、[Finish] ボタンで確定する。その後、パースペクティブを表示するかを問われるので、[Yes] でパースペクティブを表示する。

このエントリーをはてなブックマークに追加