MASUDAQ Blog

NO DEVELOPMENT NO LIFE.

HP Spectre x360 Convertible 13 SSD 換装

事前の準備

あるイベントの最後の参加特典として配られた HP Spectre x360 Convertible 13 ですが、スペックもそこそこで、まだまだ現役として使えます。

ただ、ハードディスク容量に不満が。標準で、128GB なので、昨今の開発環境等をセットアップするとすぐにいっぱいに。

最近のノートは、すべてマザーボードに直付けで、パーツの交換はできないことが多いのですが、調べてみると、ハードディスクは交換できることがわかりました。

もちろん、公式には、換装はサポートしていないため、換装した場合、メーカー保証は得られなくなると思いますので、その点は、ご留意ください。

メモリーも標準で 8GB で、何とかしたかったのですが、こちらは、やはり、交換できないようです。

なので、今回は、ハードディスクの換装方法を説明します。

標準のハードディスクの仕様は以下。

  • メーカー: ADATA
  • モデル: AXNS381E-128GM-B
  • I/F: SATA III 6Gb/s M.2 2280 SSD
  • 容量: 128GB

交換する HDD のポイントとしては、インターフェースは、SATA III で、フォーム ファクターが、M.2 2280 であることです。

色々と探したのですが、同じメーカーの SSD がいくつか見つかりました。

ADATA 社の SSD は、Acronis True Image 2015 のダウンロード権も付属しており、既存イメージの移行に利用できます。移行方法については、別の記事で説明したいと考えています。

1T あったら当分何も困らないのでしょうが、お値段が、、、ということで、今回は、512GB のモデルを購入しました。

もう一つ必要なものとして、HP Spectre x360 Convertible 13 のカバーを開ける際に、六角星型のねじに対応したヘックスローブ レンチが必要となります。

サイズとしては、T5 があればいいので、ありものがあれば、そちらを準備ください。

SSD 換装

まず、以下の場所のねじを開けます。すべてヘックスローブ レンチ T5 を使います。

HP Spectre x360 Convertible 13 裏蓋

すべてのねじを開け終わったら、カバーの隙間にマイナスドライバーを入れて、徐々にカバーを開けていきます。

内部の基盤を傷付けないように、何周かして、徐々にカバーを上げていきます。

以下、先ほどの写真とは上下逆になってしまいましたが、裏蓋を開けた状態です。

HP Spectre x360 Convertible 13 裏蓋を開いた状態

下の部分 M.2 2280 スロットに SSD が搭載されていることが分かります。

左側が端子なので、逆方向にひいて、SSD を外します。

HP Spectre x360 Convertible 13 裏蓋を開いた状態

左側が端子なので、逆方向にひいて、SSD を外します。

空いたスロットにあたらしい SSD を設置し、蓋を閉じて換装完了です。

換装後、しばらく使用してからこの記事を書いているのですが、以前と比べると、かなり快適になりました。買い替えを考えているくらいなら、いっそ換装を検討ください。

あと、今回説明した物理的な換装は、問題なかったのですが、既存の SSD のイメージをそのまま移行するのには、少々問題がありました。

別の機会に SSD の既存イメージの移行方法も説明したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加