MASUDAQ Blog

NO DEVELOPMENT NO LIFE.

CentOS 5.4 への Apache Tomcat 6.0 インストール

CentOS 5.4 への Apache Tomcat 6.0 インストール

JRE のインストールに続いて、CentOS 5.4 に Apache Tomcat 6.0 をインストールする方法を紹介する。

まずは、既存環境の整理だ。yum list より Tomcat モジュールのインストールの有無を調べる。

>yum list | grep tomcat
jakarta-commons-collections-tomcat5.i386 3.2-2jpp.3 base
struts-webapps-tomcat5.i386 1.2.9-4jpp.5 base
tomcat5.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-admin-webapps.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-common-lib.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-jasper.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-jasper-javadoc.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-jsp-2.0-api.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-jsp-2.0-api-javadoc.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-server-lib.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-servlet-2.4-api.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-servlet-2.4-api-javadoc.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base
tomcat5-webapps.i386 5.5.23-0jpp.7.el5_3.2 base

筆者の環境では、Tomcat 5 は、パッケージとして用意されているが、インストールされていなかった。Tomcat 5 がインストールされている場合は、以下のように Tomcat 5 をアンインストールする。

>yum erase tomcat5
Package(s) tomcat5.i386 available, but not installed.
No Packages marked for removal

次に、Tomcat 6 をダウンロードする。

http://tomcat.apache.org/ から、左部 [Download] -> [Tomcat 6.x] を選択する。[Quick Navigation] -> [6.0.26](現在の最新バージョン) -> [Binary Distributions] -> [Core] -> [zip] より、"apache-tomcat-6.0.26.zip" をダウンロードする。ダウンロードしたファイルを "/usr/local" に展開する。

>unzip /tmp/apache-tomcat-6.0.26.zip -d /usr/local/

各スクリプトに実行権限を付与する。

>chmod +x /usr/local/apache-tomcat-6.0.26/bin/*.sh

Tomcat を起動する。

>/usr/local/apache-tomcat-6.0.26/bin/startup.sh
Using CATALINA_BASE: /usr/local/apache-tomcat-6.0.26
Using CATALINA_HOME: /usr/local/apache-tomcat-6.0.26
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/apache-tomcat-6.0.26/temp
Using JRE_HOME: /usr
Using CLASSPATH: /usr/local/apache-tomcat-6.0.26/bin/bootstrap.jar

ブラウザで、以下のアドレスにアクセスする。

http://localhost:8080/

以下のように表示されることを確認する。

"If you're seeing this page via a web browser, it means you've setup Tomcat successfully. Congratulations!"

次に、Tomcat を停止する。

>/usr/local/apache-tomcat-6.0.26/bin/shutdown.sh
Using CATALINA_BASE: /usr/local/apache-tomcat-6.0.26
Using CATALINA_HOME: /usr/local/apache-tomcat-6.0.26
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/apache-tomcat-6.0.26/temp
Using JRE_HOME: /usr
Using CLASSPATH: /usr/local/apache-tomcat-6.0.26/bin/bootstrap.jar

ブラウザで以下のアドレスにアクセスする。

http://localhost:8080/

キャッシュが表示される場合もあるので、その場合は、更新を行い。アクセスできないことを確認する。

開発環境として利用する場合は、特に "JRE_HOME", "JAVA_HOME" 等の環境変数を設定する必要はない。

次回は、運用環境として CentOS を利用する場合の設定方法(デーモンの設定方法等)を説明する。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加