光の道

総務省の「光の道」構想とは、国内ブロードバンドの 100% 普及を推進するもの。 自身、ブロードバンド 100% 普及に何の意味があるのか??と考えていたが、「光の道」構想の実態を知るにつれ、その重要性が分かってきた。 簡単に例えて言うと、道路が先か、車が先か。 道路があれば、自然と車の需要が増える。 道路が無い場所や時代では、車の必要性が無い。 さらには、道路が無い場所や時代では、車が経済や生活のソリューションであるいう自覚がわかない。 光の道構想が無知の知として受けいられていれば良いが、単に無知であれば深刻な問題だ。 光の道構想が実現すれば、大手主導だけではなく、ITC をインフラとた多様な産業のヴェンチャーも多く生まれ育ち、ロングテールに経済を活性化する。 以下の書籍は、少々特定のベンダーに偏った内容ではあるが、それを踏まえ... 続きを読む